■伊豆の地魚『レアな地魚に出会えるかも?』

一般的に有名な『真鯛』『平目』や『金目鯛』はとても美味しい魚です。お刺身定食にも入っていることが多いと思います。波魚波でも『伊豆産』のそれらの魚が入ることがあります。そういった、メジャーな魚は取引も多く価格もそれなりにする『売れる魚』です。しかし『売れる魚』があれば『売れない魚』というのも存在いたします。それが最近マスコミでも取り上げられている『未利用魚』という魚です。

(※上の写真には一般的な『金目鯛』『いさぎ』『皮はぎ』『あじ』のほかに『モロ』や『青あじ』という『未利用魚』が入っております。)

■そもそも『未利用魚』ってなに?

ある理由により、市場(店頭など)に出回りにくい魚が『未利用魚』と言われております。その『ある理由とは・・・。』

(1)漁獲量が少なく小さめの魚

まとまった数がないので商売になりにくく買い手が付かない。食べると美味しいのですが、流通として成り立ちにくいので処分されたり漁師さんが食べたりしていた。

(2)見た目が悪かったり地域的に食べなかったり

ある地域では高級魚として価値がある魚が、別の地域では『食べたいと思わない魚』という魚もあります。その理由はグロテスクな見た目であったり、その魚にまつわる噂だったり・・・。

(3)鮮度が落ちるのが早く生食は不向き

『未利用』というわけではないのですが、鮮度がすぐに落ちてしまうので獲ったらすぐに冷凍保存をして加熱調理か、業務用に加工されてしまう魚もいます。

上記のような理由で『あまり流通(市販)されず、処分や業務用(飼料など)に加工されてしまう魚』を『未利用魚』と言っています。鮮度が良ければとても美味しい魚なのに勿体無い話です。

波魚波では『漁協直営』の強みを生かして、その『未利用魚』を積極的に料理に使っています。『うるめいわし』『そうだがつお』など鮮度が落ちやすい魚も『お刺身』で出したり、『やっぱた』みたいな見た目が悪いグロテスクな魚も使っています。(※グロテスクな魚ほど旨い場合が多いです)

『伊豆半島ジオパーク』とのコラボ料理の『ジオ丼』はそんな『未利用魚』を使っておりますので、定食セットで880円(平日)という低価格で提供いたしております。(※数量限定の人気商品のため、売切れ必至となっております)